愛犬の癌問題を改善【健康のためのDOGCARE】

愛犬との暮らし

犬の椎間板ヘルニアとは

愛犬と暮らす人は、少しでも長く犬との幸せな生活を続けたいと思うものです。 犬も人間と同様の病気を患います。 犬の病気の中で上位ランクに入る多い病気は、椎間板ヘルニアです。 椎間板ヘルニアは、腰の部分にある椎間板の一部が正常の椎間こうを越えて突出する病気です。痛みを伴い、痛みから立てなくなることもあります。 ダックスフンドやコーギーなど、胴長短足の犬種に多くみられますが、どの犬種でも起こりうる病気でもあります。 椎間板ヘルニアが重症化すると、手術が必要となってきます。 まだ軽症のうちに気をつけたいことは、腰に負担のかかる体勢を避ける必要があります。ばんざいのような、二本足で立たせる行為は避けたいところです。

病気とうまく付き合っていくこと

椎間板ヘルニアは、犬にとってもつらい病気です。腰に負担をかけると痛みが伴うので、だんだん歩く意欲を失う子もしばしばです。 そうなると、足の筋肉が衰えて歩くことが困難になってきます。排泄にも影響がでてくるのです。 しかし、最近ではそんな犬のために作られた車椅子が存在します。 その子に合わせたオーダーメイドで作られている車椅子になっています。 腰の部分から装着するため、腰への負担が軽減されるのです。 歩けなかった犬の、大きな第一歩として手助けしてくれるものとなっているのです。歩けることの楽しみを再び味わうことができるはずです。 大切な愛犬の、病気とうまく付き合っていく一つの手段として、車椅子は役立つことと思います。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013