愛犬の癌問題を改善【健康のためのDOGCARE】

ピックアップ

手と前足を合わせる人と犬

症状に気づく

飼っているフェレットに何らかの異常があるときは病気になっている可能性もあるので、フェレットの症状に異常があるときは動物病院での治療が必要です。動物病院では動物の健康維持のために様々な取り組みをしています。

ペット火葬を東京で行なう時には頼りになる葬儀社があります。訪問もしてくれるので移動も心配することがありません。

» readmore

ボールを咥えようとしている犬

人気の犬種

ペットの中でも人気の犬種はチワワで、体が小さいことから室内飼いをしている人も多いです。チワワを街中で見かけて触りたいときには、犬の様子を見てから触るようにしましょう。

» readmore


愛犬との暮らし

犬は家族同然であり、多くの家庭では愛犬と一緒に暮らしているという人もいます。犬の病気の中でも椎間板ヘルニアはかかりやすい病気の一つとされており、足の筋肉が弱ってしまうことから歩けなくなる場合があります。

» readmore


治療にかかる費用

ずっとそばで元気でいてほしい!犬の癌に関するお役立ち情報が満載です!飼い主さんができることや、おすすめの栄養療法なども分かりますよ

治療にかかる価格とは

大切な愛犬が癌におかされた時いくら料金がかかっても治してあげたいと思う人は少なからず多いでしょう。 では、実際に癌治療に必要な価格はどれくらいなのか調べてみました。 1.血液検査¥5、000 2、初診料¥500 3、手術¥3、500 4、抗生物質等¥10、000 6、入院¥3、500 7、その他¥10、000(手術後の注射等) 合計、64、000 ハスキー犬等の大型犬の巨大腫瘍切除費用の一例です。 症状によって変動してきますが、総額で6〜7万円の間の料金が相場のようです。 病院によって様々な治療方針があるため、心配な人はセカンドオピニオンで別の獣医にかかることも可能です。 また症状があまり重くなければ手術後、入院なしの自宅療養も可能です。

最先端の癌治療の種類

犬の癌にはどのような種類があるか調べてみました。 癌(悪性腫瘍)は癌腫と肉腫に分類されており、それぞれ以下の特徴があります。 癌腫上皮組織由来の悪性腫瘍、高齢者に多く、発育速度が早い。 肉腫上皮組織以外の組織に由来する悪性腫瘍。若年者に多い。発育速度は非常に速い。 まだ若い犬が癌になった場合早めの治療が急がれます。 また、昔は治療困難だった癌ですが、近年では早期発見、早期治療をすれば高確率で延命を実現できるようになりました。 主な治療法について紹介します。 手術療法 手術によってがん細胞を摘出する方法。副作用があまりないのが魅力です。 化学療法・薬物療法 抗がん剤を投与する方法。がん細胞の分裂や繁殖を阻止します。 放射線療法 体外及び体内から照射する方法。治療費はかかりますが外科療法で対処できない脳や心臓にも対応できるメリットがあります。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013